TOPご説明カラー化ご遺影制作見本
制作の流れと 料金表お客様の声制作過程

モノクロ写真をカラーで描きます。

AIなどには、負けません。
昨今は、コンピュータでモノクロ写真に色を付けることが可能になってきているようですが、「思い出館の肖像画」では、長年の経験をもとにモノクロ写真からカラーの肖像画を描きます。肖像画にしますと、写真では味わえない重厚感、存在感、深み等を再現できます。
カラー化しますとモノクロ写真では気が付かなかったカメラマンの構図の意図ですとか、色彩のバランスの意図が発見できたりします。

アルバムの中に思い出のモノクロ写真が眠っていませんか。

昭和30年代のお正月のスナップ写真をカラーで描く


戦前の結婚式写真をカラーの肖像画

大正時代の婚礼写真 

戦中の結婚式の写真とカラー化した肖像画

戦時下の婚礼


昭和30年代の結婚式の写真とカラー化した肖像画

昭和30年代の婚礼写真 

昭和の台所写真とカラー化した肖像画

拡大

The 昭和 「お母さん、今日、学校でね・・」「へぇーそうなの・・」 夕方の台所から、そんな子どもとお母さんの楽しい会話が聞こえてきそうな写真です。
今では、珍しくなった裸電球。竹の笊籠(ざるかご)。その向こうに食材の肉を包んだ懐かしい〈竹の皮〉が見えます。流し台もレトロです。
遠くから、自転車に乗ったお豆腐屋さんが、ラッパを吹きながら近づいてくるような気がします。

昭和30年代の子どもたち写真とカラー化した肖像画

昭和30年代の子どもたち この頃の子どもたちの笑顔は、屈託がなかったです。

かわいい舞子さん肖像画

かわいい舞子さん カメラマンの練りに練ったスチュエーション(構図・人物の配置・場所の設定)の意図が強く感じらる写真です。ただ、カメラマンは、どんなにかこれを総天然色(カラー写真)で撮影でしたかったことでしょう。


歴史的に有名なモノクロ写真をカラーの肖像画に。


山本五十六肖像画

拡大
山本五十六 元帥 (1841-1944) この人に関する映画などで、数々の名優がこの人を演じてきましたが、やはりご本人の風格に勝る人はいなかったように思います。


ペリー提督肖像画
拡大→

ペリー提督 Matthew Calbraith Perry (1794-1858) 黒船で初めて日本列島近づいたとき、やはり富士の山の美しさと壮大さに感動したのではないでしょうか。

女武者 肖像画

拡大→
女武者 明治時代の今で言うコスプレ写真 好きな色を着色していると思われるかもしれませんが、カラー化した肖像画を再びモノクロ化しますと、根拠の無い色使いでないことがわかると思います。


近藤勇カラー化画像
拡大→

近藤勇(1834-1868) この人にものを頼まれたら、「いや、それは・・」と言えない迫力。
この頃は、写真を撮る時は、手を隠した方が良いと信じられていたようで、坂本龍馬などもよく見ると手を隠しているようです。 

土方歳三 肖像画
拡大→

土方歳三(1835-1865)  映画などで演じる際は、この時のこの服装を黒づくめのコスチュームにするようですが、あえてお洒落に赤いシャツに緑の艶のある上着にしてみました。再度モノクロ化した写真を見ても、あり得ない色使いではないと思います。 

渋沢栄一 肖像画

渋沢 栄一(1840-1931) 日本の明治・大正期の実業家、財界の指導者。位階勲等爵位は正二位勲一等子爵。雅号は青淵(せいえん)。(Wikipediaより) 

陸奥亮子写真とカラー化した肖像画

拡大→

陸奥亮子(1856-1900)  明治時代の政治家で外交官でもあった伯爵・陸奥宗光の妻。日本赤十字社正社員。その美貌 と聡明さによって「ワシントン社交界の華」と呼ばれた。(Wikipediaより)本当に美しく気品があります。当時の社交界の舞台、鹿鳴館を背景にしてみました。 

織田信福

織田信福(のぶよし)(1860-1926)日本の民権運動家。高知県最初の歯科医でもあるそうです。(Wikipediaより)イケメンで有名で、昔のモノクロ写真といったら、必ずと言っていいほど出てきます。 

野口英世 肖像画

拡大→
野口英世 1876年福島に生まれる。幼年期に左手に大やけどを負うが、その治療に感動し、医学の道に進む決心をする。苦学の末、1911年アメリカで梅毒スピロヘータの純粋培養に成功。1918年エクアドルで黄熱病の病原体を発見(正確にはワイル氏病と言われる)。1927年再び黄熱病の研究をガーナで始めるが、本人が黄熱病にかかり死去。

太宰治をカラーで描く

拡大→
太宰治(1909 - 1948) 1946年、林忠彦氏が撮影した銀座のバー「ルパン」での有名なモノクロ写真をカラーで描く。

日本のために命を捧げた人達。      感謝そして合掌

振武隊 肖像画

振武隊 陸軍特別攻撃隊 第二十三振武隊隊長 伍井芳夫中佐
命を懸けて日本を守ろうとした特攻隊員。私たちは彼らのためにも、何としても今の平和を死守しなければなりません。 

子犬を抱く特攻隊員

拡大→

子犬を抱く特攻隊員 出撃直前の特攻隊員(実際には天候により翌日早朝)
まだ、全員十代であったそうです。特攻服より、今の高校野球のユニフォームが似合いそうな若者たちです。子犬を抱いた時、故郷の野山、ご両親、ご家族に思いを馳せたに違いありません。
前列左から、早川勉 伍長(18歳)、荒木幸雄 伍長(17歳)、千田孝正 伍長(18歳)。
後列左から、高橋要 伍長(18歳)、高橋峯好 伍長(17歳)

スクリーンで見たあの人を総天然色に。

三船敏郎 肖像画

三船敏郎 百年に一人と言ってよい程の渋くて男性的な俳優 


八千草薫の写真とカラー化した絵と比較
拡大→
八千草薫 素晴らしい被写体の前で、カメラマンの手の震えと感動が伝わるようです。

グレースケリー 肖像画

グレース・ケリー(1929-1982) (Grace Patricia Kelly)

オードリーヘップバーンの写真とカラー化した肖像画

オードリー・ヘップバーン(1929-1993) (Audrey Hepburn) 

ローマの休日写真とカラー化した肖像画

拡大

ローマの休日 カフェテラスでためらいなくシャンパンを頼むアン王女(オードリー・ヘップバーン)に対し、お金の無い新聞記者(グレゴリー・ペック)はアイスコーヒーを頼み、あきれ顔で乾杯をする有名なシーン。

UP


思い出館ロゴ

お問い合わせ・お申し込みは→

制作者 松野敏明
〒350-1317 埼玉県狭山市水野520-136
mail info@omoidekan.com  tel 090-5192-6445 fax 04-2959-2112
Copyright©Omoidekan,All Rights Reserved