テレビの思い出

テレビの思い出

我が家に始めてテレビが来たのは、昭和35年ごろでした。そしてその頃の番組で何よりも驚かされたものは、アメリカのホームドラマでした。広い土地の大きな家には、車が必ずあり、背の高いパパと美しいママ、目のくりっとしたブロンズヘアーの子どもたち、冷蔵庫から冷たい飲み物をを出して、ハンバーグを食べる。何もかも驚きのシーンでした。
何しろその頃の日本といえば、自動車どころか自転車すら簡単に買えなかったし、小さい家に小さいお父さん、すっぴんのお母さんに、青っ洟(あおっぱな)を垂らした子どもたち、生ぬるい水で作った「渡辺のジュースの素」を喜んで飲んで、おやつといえば、おにぎりや、竹の皮に、梅干を包んでなめたりしていました。
その頃日本では、将来自家用車が持てるような時代が来ると思っていなかったし、アメリカとの生活レベルはどこまでいっても縮まらないと、皆が思っていました。

展示室戻るボタン

思い出館ロゴ 
昭和の思い出館展示室へのご意見・体験談などお便りお待ちしています。→