力道山

力道山

力道山は、日本のプロレス界の創始者の一人でしょう。もともとは力士だったそうです。外人レスラーに繰り出す天下の宝刀「空手チョップ」は、当時の日本人をどれだけ勇気付けたことでしょう。力道山といえば、街頭テレビがまず浮かびますが、私も、池袋の公園で見た記憶があります。当時、プロレス中継の提供が三菱電機で、試合と試合の合間に、当時出始めた電機掃除機でリングを掃除していたのを、懐かしく思い出します。レスラーで記憶しているのは、力道山をはじめ、最近亡くなった大木金太郎、 わきの下をパッコーン、パッコーンの豊登 、力道山と戦った吉村道明、ずんぐりとしたグレート東郷、いつも負けてた遠藤幸吉、外人レスラーは、ご存知、ザ・デストロイヤー、スタン・ハンセン、 ドリー・ファンク・ジュニア 、吸血鬼フレッド・ブラッシー、リング上の紳士ルー・テーズ等々。レフェリーにもいつもシャツを破られた沖識名(おきしきな)、マリオに良く似たユセフ・トルコなどという名物レフェリーがいました。

展示室戻るボタン

思い出館ロゴ 
昭和の思い出館展示室へのご意見・体験談などお便りお待ちしています。→