ON砲

ON砲

昭和30年代以降を語る時、この二人の話を抜きには、語れないでしょう。王貞治・長嶋茂雄、このお二人は、今でも各方面でご活躍ですが、何と言ってもその現役時代を知るものには、あの雄姿が今でも懐かしく思えてなりません。二人が活躍しだした時代は、テレビで野球中継が始まった頃に重なります。街頭テレビで、力道山を見て、やがてテレビが各家庭に普及しだした頃、このON砲が日本中の家庭の茶の間を席捲したと言っても決して言い過ぎではないでしょう。王選手は、ホームランで世界記録を樹立したように実力のスーパースターであったのに対し、長嶋選手は、もちろん実力もありましたが、人々を魅了するスーパースターでした。当時の子ども達は、その一挙手一投足を見逃すまいと、食い入るようにテレビ画面を見つめたものでした。しかし、そんな王選手も新人の頃は、三振ばかりしていて、自軍の応援団からも「王、王、三振王」などと言う野次が飛んでいたのを記憶しています。後になって、二人とも陰ですごい練習をしていたと聞きました。
王選手の一本足打法の美しいフォーム、それを見つめる長嶋選手のかっこよさを絵にしてみました。どんな映画より、どんな芝居よりもわくわくさせた瞬間です。

展示室戻るボタン

思い出館ロゴ 
昭和の思い出館展示室へのご意見・体験談などお便りお待ちしています。→