模型飛行機


この頃の男の子であれば、一度は作ったことがあるのではないでしょうか?バルサ材(軽い木)、竹ひご、紙等の材料から作るゴム動力の模型飛行機です。何と言っても難しかったのは、翼を作るために、骨組みの竹ひごを、設計図通りの曲線に曲げることではなかったでしょうか。ロウソクの火などで温めながら曲げるのですが、途中でパキット折れてしまったりしました。苦労して何とかそれができると、そこに紙を貼ります。これも皺なく貼るのに大変難儀したものです。
完成するといよいよ初飛行です。プロペラに繋がったゴム紐を、プルペラを回すことにより目いっぱい巻き上げ、そのゴムの戻す力でプロペラを回して飛ばします。初めからうまく飛ばせる人は少なかったようです。いきなり、地面に激突して一瞬にして壊れたなどということもありました。色々と調節して何とか飛ぶようになります。名人になると本当に高く飛ばすことができ、上昇気流に乗って見えなくなるところまで飛んで行ってしまったことなどありました。
今の子供たちにも、自分で作った飛行機が、実際に空を飛ぶ感動を味合わせてみたいものです。

展示室戻るボタン

思い出館ロゴ 
昭和の思い出館展示室へのご意見・体験談などお便りお待ちしています。→