チンドン屋さん


昔は、お店が開店する時や大売出しの時など、そのお店の宣伝をするためにチンドンヤさんが文字通り、チンチン,ドントンと太鼓や鐘や笛などをならしながら通りを練り歩いたものです。背中にお店のキャッチフレーズを貼り、歩く人にチラシを配っていました。子どもの頃は何度も見慣れた光景でしたが、やはりチンドン屋さんさんを見かけると子とも達は、はしゃいで後を付いて行ったものでした。厚く塗った白粉(おしろい)、ちょんまげ、まるで映画やテレビの画面から飛び出してきたようでした。でも、私にはにぎやかな演奏の割りに、どことなくさびしいメロディーに聞こえたような気がしました。



 
昭和の思い出館展示室へのご意見・体験談などお便りお待ちしています。→