押し売り


「押し売り」といって、いかにも強面(こわもて)な男が、おとなの男性のいない平日の昼間時を狙って、無理やり玄関に入り込み、粗悪な商品を強制的に売ったりしました。「昨日刑務所から出て来たばかりだが」等とすごみながら、かばんをひろげ粗悪な歯ブラシ、ゴムひも、くつひも、えんぴつ等日常雑貨をむりやり買ってもらえるまで玄関に居座ったりしました。昔は、携帯電話はもちろん、普通の電話さえ自宅にある家が少なかったため、助けを求める手段が無く怖さのあまり、仕方なく買ってしまうなどということがありました。



 
昭和の思い出館展示室へのご意見・体験談などお便りお待ちしています。→