おしおき



今では、先生の生徒への体罰はご法度ですが、昭和30年代頃まで、ちょっと元気の良い男の生徒達は、先生からゲンコツやビンタの一発や二発もらうのは、茶飯事だったように思います。体罰の是非を論じるつもりはありませんが、怒られた先生ほど今でもなつかしく、記憶に残っているものです。そして、その頃先生からもらう「おしおき」の、定番といえば、何と言っても水を張ったバケツを持たされ、廊下に立たされることでしょう。多分に見せしめ的なところがありましたが、やる方もやられる方も、どこか楽しみながら(?)余裕をもって、やっていたような気がします。まあ今、このようなことをしたら、学校内外で大騒ぎになるでしょうが‥‥



 
昭和の思い出館展示室へのご意見・体験談などお便りお待ちしています。→