井戸


今では、お寺の水汲み所ぐらいでしかお目にかからなくなってしまった井戸の手押しポンプですが、昔は農家などで、まだまだ活躍していました。今は、地下水は何かと問題になりますが、その頃の井戸水は水道水よりはるかに冷たく、おいしかったようです。またその水で、スイカや野菜・飲み物などを冷やしているのを見かけました。ただ手押しポンプは、子供にとって水を汲み上げるのにコツがいりました。ある夏の暑い日に遊び帰り、すごくのどが渇き、知らない家の井戸の水を飲ませてもろおうと、手押しポンプで一生懸命に汲み上げようとしましたが、うまく水が出てきませんでした。もたもたしているうちに、その家の犬が、あやしい者がいるとおもったのか、ワンワンと吠えながら迫ってきました。私達は、水を飲むのも忘れて必死に逃げたのを思い出します。



 
昭和の思い出館展示室へのご意見・体験談などお便りお待ちしています。→