母と娘


昭和35年頃、私の住んでいた地域では、各家庭の生ごみは、ゴミ収集所にある樽(たる)の中に入れ、養豚業者がこれを回収し、豚の餌にするというサイクルができていました。ある夕方、見知らぬ親子(母と娘)がその残飯の樽のふたを開け、誰かが捨てたであろう うどんの食べ残しを手で拾い上げ、それを二人で食べている光景に出くわしました。私は見てはいけないものを見てしまったようであったのを記憶しています。あと数年で東京でオリンピックが開かれるという時代に、まだそういう人達がいたのです。なぜか時々私よりも年下に見えたあの娘さんが今でもどこかで元気でいるのだろうかと気になるときがあります。
東京オリンピック‥‥昭和39年(1964)東京で、アジアではじめてのオリンピックを開催する。



 
昭和の思い出館展示室へのご意見・体験談などお便りお待ちしています。→