バナナの思い出


団塊の世代からそれ以前の人ならば、昔バナナの値段が高くて、なかなか食べられなかったという経験をお持ちのことと思います。当時一本30円から50円ほどしたと思います。当時国鉄(いまのJR)の最低運賃が10円の時代です。ですから、一本のバナナを人数分に切って食べたり、病気の時一本丸ごと食べさせてもらったなどと言う記憶があります。そうやって食べたのでおいしさも格別でした。いつの日か一房全部食べてみたいなどと夢みたものです。今では100円で一房買える時代ですが、その頃を知っている人間にとってバナナに関しての思いは特別のものが今でもあります。また、昔のテレビのギャグで歩いていてバナナの皮を踏んで滑るというのを良く見かけたものです。さすがに今ではみかけませんが、それもバナナが貴重で人気があったからでしょう。



 
昭和の思い出館展示室へのご意見・体験談などお便りお待ちしています。→