アンポハンタイ


冬の寒い日などに友達が3・4人寄ると、誰とも無く腕を組んで、「おしくらまんじゅう、押されて泣くな」と掛け声をかけあいながら、体をぎゅうぎゅうと寄せ合い暖を取ったものでした。何の道具も要らないで、体がすぐに暖まらせることができる遊びでした。昭和35年(1960)の安保闘争の時は、子ども達は何のことわからず「おしくらまんじゅう」の変わりに「アンポハンタイ、アンポハンタイ」などと、テレビなどで見たデモ行進の真似をしながら、路地裏に大声を響かせたものでした。そしてその数年後、また学生運動の波が押し寄せ、その仲間の何人かがヘルメットを被り、実際の激しいデモに加わりました。
安保闘争(あんぽとうそう)
1951年に締結された日米安全保障(安保)条約は、岸信介内閣によって改定、1960年に条約が調印された。この改定内容に不満を持つ学生・一般市民等が、国会周辺を取り囲んだ。その時のデモ隊と警察隊との衝突で、学生が亡くなっている



 
昭和の思い出館展示室へのご意見・体験談などお便りお待ちしています。→